サイト「miniprogram.jp」を立ち上げました



今年度から始まる弊社の新業務であるミニプログラムの開発事業の窓口機能を担うサイト「miniprogram.jp」を立ち上げ、2019年5月1日にリリースしました。

ミニプログラム」とは、テンセント社が運営している中国のSNSアプリWeChat上に提供されるアプリのことで、インストールもダウンロードも必要なく、必要な時のみに呼び出せるのが特徴です。サービスを提供する側にとっても利用する側にとっても手軽に利用でき、「次世代のアプリ」になっています。

日本初のミニプログラム業務の紹介・受託を行うサイトとして立ち上げたこの「miniprogram.jp」は、訪日中国人観光客向けの接客・集客をよりスムーズに行うように日本企業向けに様々なサービスを紹介しながら、開発を請け負う窓口にもなっております。

月間アクティブユーザー数が10.82億人(2018年9月現在)のWeChatは中国最大のオンラインコミュニティです。人々がテンセントの統合されたプラットフォームでコミュニケーションを行い、経験をシェアし、情報を集め、エンターテイメントを楽しんでいるうちに、所謂「テンセント・エコシステム」が形成されてきました。テンセント・エコシステムの中で行われているプロモーション活動、友達同士の情報共有等ユーザー同士のソーシャル関係が消費者の購買行為に直結します。なお、無料のSNSトラフィックがプラットフォームから提供されるため、店舗は一般的なプロモーションよりもコストを抑えることができます。

今後弊社はミニプログラムの開発支援を通じて、テンセント・エコシステムを活用することによって、マーケットインチャイナに取り組む日本企業のお客様のサポートをしてまいりますので、是非ともお声がけ頂ければ幸いです。