Image is not available
AI・IoTソリューション
新たな価値創造への挑戦
Slider
Image is not available
AI・IoT ソリューション

新たな価値創造への挑戦

Slider

業種

流通・サービス
運輸関連業

キーワード

AI・IoT
ビッグデータ
センサー
監視カメラ
顔認識・動作認識・音声認識
疲労運転モニタリングシステム

<背 景>

これまで多くの交通事故を引き起こす原因となってきた居眠り運転。過重労働や睡眠不足が原因とみられる悲惨な交通事故は、テクノロジーが発達したはずの現代社会でも後を絶ちません。国土交通省は睡眠不足が原因とみられる交通事故が相次いでいることから、2018年6月より省令を改正し、事業者に対して、睡眠不足のバス、トラック、タクシー運転手の乗務を禁止しました。弊社は、この問題に対して、居眠り運転、わき見運転などに起因する事故を減少させ、お客様の安全性を向上させる「疲労運転モニタリングシステム」をAハイヤー会社様向けに導入いたしました。

<IoTを活用した問題解決策>

疲労運転モニタリングシステムを車内に装置し、監視プラットフォームとの連携により、安全・安心な運転システムを構築しました。

コア技術

●監視モニタリング
車内にAIカメラを設置し、常時ドライバーを監視します。撮影時は近赤外光をドライバーの顔に照射しますが、夜間でもドライバーに煩わしくないように配慮しており、AIカメラのドライバー認識性能は高水準となっております。

●顔認識アルゴリズム
高度な顔認識技術システムで、ドライバーの顔画像をデータベースと合わせ解析し、また、瞳孔識別技術と合わせ頭の姿勢、顔の向きや位置を認識し、その後顔形状の変化、閉眼の検知を行うことにより、眠気を推定し、わき見を検知することができます。疲労運転を検出したらドライバーに注意喚起を行います。

効 果

ドライバーの疲労を検出し、管理センターへの知らせなど早期に警告を行うことによって、交通事故の未然防止に役立てます。
運行データ収集することによって、運転特徴を把握して、教育・訓練を重ねて、さらなる安全運転とサービスの向上に繋げます。

お問合わせ

本ソリューションに関してのお問合せ、詳しい資料を御求める方はこちら E-mail:service@e-business.co.jp まで。