最先端の技術を利用する
次世代「顔認証」のPassEye



「PassEye」で解決する課題:
・ 人件費の削減
・ 識別率アップによる不正利用を防止
・ ゲート通過高速化の実現
・ セキュリティー管理の追跡可能
・ 識別対象の数や年齢・性別の集計と分析は可能









来店客のマーケティングの鍵は、顔認識。


外国人観光客による日本の観光ニーズの高まりを背景に、個人旅行が続々と増えはじめ、その行動パターンや購買特性の把握が困難になってきました。このため、店舗では、来店客ごとの行動パターンと購買データの紐づけによる実態把握が重要になってきました。このデータの収集に、世界最高峰*の顔認識技術が、今、注目を集めています。

「RETAIL EYE」は、店内各所のカメラと顔認識技術の連動により、来店客を、最大1500人/秒という超高速で識別し、個々の行動パターンと購買データとのマッチングから顧客別の購買特性を把握することが簡易にできます。見込客の発掘、クロスセルの促進、プッシュ広告の活用などに有用なイー・ビジネスの先進ITソリューションです。








中国語の言語対応は、写真で解決。


お店に、中国人観光客が訪れたとき、どのように対応すればよいでしょう。多くの店舗は、あらかじめ中国語の販促物を掲示したり、中国語が話せるスタッフを配置すべきと考えるかもしれません。ところが、運用が煩雑になってしまったり、コスト負担が増大したり、商品知識を把握するための社員教育など容易なことではありません。

「TuGO」は、スマートフォンで商品を撮影するだけで、詳しい商品情報や在庫状況、売り場の案内など、すばやく中国語で表示。簡易にスピード導入できるイー・ビジネスの先進ITソリューションで、中国人観光客のショッピングがスマートに変化し、貴社のサービス革新と売上向上に貢献いたします。








施設の中で、中国人観光客を目的地まで会話で誘導。


観光施設やシッピングモール、ホテル、量販店など、中国人観光客から中国語で道を聞かれてもなかなか対応に困ります。このため、多くの場合、あらかじめ館内の各所に、中国語の表示案内を多数掲示したり、中国語に対応するスタッフを配置するなどサポート体制の準備は、容易なものではありません。

「AiME」は、お客様が施設内で道に迷った時に、スマートフォンから館内専用サポートにアクセスするだけで、中国語でのチャット応答で目的地まで的確に誘導するサービスです。イー・ビジネスの先進ITソリューションがあれば、中国人観光客の館内迷子を未然に防止し、従業員の業務効率を飛躍的に向上できます。