QRorder QRコードで簡単注文&決済

セルフ注文&会計、Wechatの「近くのお店」検索で来店、事前予約や先払いにも対応

中国人観光客が食事に来たら、メニューはスマホで。

ある日突然、あなたの飲食店に中国人観光客が訪れるようになったらどうしますか? 「今後に備えて、中国語のメニューを用意する」と答える経営者も多いことでしょう。しかし、それではオーダーを受けるために中国語がわかる従業員が必要になり、また、メニューを改訂するたびに新しいメニューの印刷代がかさむようになります。

「QRorder」は、テーブルにQRコードを用意するだけで、中国語メニューはスマートフォンで確認でき、さらに注文から決済まですばやく完了します。中国語が話せなくても、中国語のメニューを店内に用意しなくても、イー・ビジネスの先進ITソリューションがあれば、中国人観光客をスムーズに迎え入れ、お店の売上向上に大きく貢献します。

QRスキャンで中国語メニューを表示。注文・決済も簡単。 QRorder 中国語の対応はスマホで解決! 中国語圏訪日客の顧客満足の向上[中国語対応スタッフがいなくてもセルフオーダー・決済が可能。日中音声通訳の利用により、中国人客の不安やストレスを解消し、満足度の高いサービスを実現します。] SNSを活用した集客効果[店舗やメニュー情報をWeChatの気に入りに保存や友人へ手軽にシェア可能です。SNSの拡散力を生かし、リピーターや新規客の増加が期待できます。] 情報分析によるサービス向上[お客様の注文情報を収集・分析することで、より嗜好性の高いメニューの開発やキャンペーン企画など、さらなるサービス向上にデータ活用ができます。] 想定シーン→ [レストランで!] [カフェで!] [居酒屋で!] [寿司屋で!]導入までのステップ 契約締結 サービス導入のため契約を締結します。 利用準備 店舗情報、中国語メニューを登録します。 現場導入 専用伝票プリンターの設定と現地テストを実施します。 サービス開始 QRコードを掲示しサービスを開始します。